CuckooTeabagCuckooTeabagは『霧ト晴レ』に生まれ変わりました

森から届くフレーバーティー 『霧ト晴レ』 from Kawane

 

企業理念

高品質で新しいティーカルチャーを提案し続けることで、
お客様と関わるスタッフ全員に幸せを届けます。

私たちが想う「新しいティーカルチャー」とは、作法などにとらわれずに、簡単に美味しく、カジュアルにお茶を楽しむ習慣を育てることです。

そのために私たちは、商品開発を続け、新しいお茶の楽しみ方を提案していきます。

企業情報

株式会社植田園UEDAEN CO.,LTD.

所在地
〒428-0103
静岡県島田市川根町身成3131(MAP
代表者
代表取締役 植田 一秀
設立
昭和56年6月25日
資本金
1,000万円
事業内容
茶の製造・販売
インボイス
適格請求書発行事業者番号
T4080001013469

ヒストリー

「お客さまに直接味わってもらいたい」

創業時代

山深い川根地域でもお茶の生産が普及していった江戸時代、
植田家初代、五平(ごへい)から細々と兼業農家として茶業を営んできました。

1980年代

それから7代、家族を養うため、茶業の傍ら、養豚業、土木関係といろいろな仕事をしてきました。
しかし「先祖代々営んできた緑茶の生産。
自分が作った美味しいお茶を直接お客さまに味わってもらいたい」との強い想いから茶業に専念することに。

県外からの鮎釣り客への売り込みから始め、その後車1台にお茶を積込み、
家族揃って新潟や長野の民宿やホテルに売り込みに1件1件歩き回りました。

当時、高級茶としての名声を確立していた「川根茶」でのティーバッグ製造は珍しく、
美味しくないとされていましたが、「忙しい中でも美味しく簡単な商品を」と、
ティーバッグ製造機を導入し「製造直売」にこだわりました。

「ごんべい茶」として

1990年代

屋号の「ごんべい」を使用し、荒茶仕立ての「ごんべい茶」と
日本茶のティーバッグ商品を主力商品に掲げ、法人化するまでに成長しました。

従来の電話注文やFAXによる通信販売に加え、インターネットでの販売も開始し、販路も拡大していきました。

25周年を迎えて間もなく、手軽に飲めるペットボトル緑茶の急速な普及により売上が減少。
(ごんべい茶と緑茶のティーバッグ商品は、2021年製造終了)

Newブランド「かわいくて美味しいお茶」Cuckoo(ククー)の誕生

2006年

緑茶で培った技術をもとに、新たにすべての女性にもっと身近に簡単に飲めるフレーバーティーを開発。

2007年

「かわいくて美味しいお茶」というコンセプトのもと、
お風呂上がりや仕事上がりにビールを飲んだ後のように「クク~ッ」と思わず声が出てしまうような
美味しいティーバッグを提供したいという思いを込めて「Cuckoo」と命名。
(後にCuckooTeabagへ改称)

2014年

商品開発に日夜取り組み、開発・研究ノートは30冊を超え、レシピは700種類を超えました。

2016年

社員からの意見を取り入れ、子育て中のお母さんにも働きやすい環境づくり、
スタッフ全員が積極的に運営に参加する社内改革を行いました。

2022年2月より「森から届くフレーバーティー 『霧ト晴レ』」へ